« 明日(8/8)から10日間、ここは閉館です。次回にお会いする時は、少しは気温が下がっているでしょうか。 | トップページ | 今日少しだけ暑さも増しですね。第13回ボランティアフェスティバルの出し物がきまりました。 »

2015年8月 7日 (金)

ひきこもりーノ大作戦

この事業はひきこもり状態にある当事者達が中心であることを第一に「元気になること」と「参加型」の二つのキーワードを元にやってきた事業になります。

活動もかなり小規模、少人数ながら3年目になり、活動の一環として本を発行することになりました。この本は3年間の事業報告であり、それぞれのメンバーがどのような思いや考えをもって活動に参加していたのかを丸一年近くかけて文字を通して自分たちなりの形にしたものになります。

またこの本は支援者の言葉により作ろうとされたものではなく当事者の一人の発案により作ることになったものです。

ひきこもりについては人によって様々な状態や理由、気持ちがあると思います。

そんな中、「動き出したい気持ちはある、けど何もかもが不安に包まれていて前に進めない」  「何かをやってみたいけれど、どこで何をしたらいいの?何もできない自分はどこへいけば?」 「自分だけがこんな考え方をしていて他の人にはきっと理解されない」など、いろんなことで気持ちにブレーキがかかってしまう人もいるのではないでしょうか。

この本を読んでもらうことで、そんな人たちの心にとても小さなものであっても「きっかけ」が生まれれば、ということで作成されました。
支援者や専門家の方が書いた本でなく当事者達が書く、という一風変わった本に仕上がっています。是非一度読んでいただければと思います。150216_02

お問い合わせは当ブログ右側にあります住所・地図に記載されている番号・メールアドレスよりお願いいたします。

« 明日(8/8)から10日間、ここは閉館です。次回にお会いする時は、少しは気温が下がっているでしょうか。 | トップページ | 今日少しだけ暑さも増しですね。第13回ボランティアフェスティバルの出し物がきまりました。 »

ひきこもりーノ」カテゴリの記事

コメント

ひきこもりーノとはどういうことですか
おしえてください

画像は本の表紙ですか でも、本だとすれば、
すごい本ですね。それに、当事者の発案でできたとすれば、すごいです。よくできましたね。当事者のみなさんに乾杯!!
苦しんでいる人の目にふれるといいですね。
私も一度みてみたいです。読めるかどうかわからないけど

管理者に質問です
本の表紙画像は、トップの右欄のリーフレットの欄に入らないのですか そうすればも、っとインパクトがあると考えます


能登つよしさん コメントありがとうございます

ひきこもりーノとは、実は内部でも意味が定まっていないのです。
内部でも「なんかこの名前ヤだ」という意見もあったりと大変ゆるい認識でやっています。

元々は執筆をしている当事者の一人がつけたネーミングで「ひきこもることをひとつの生き方ととらえ、個人のアイデンティティの問題である」とし、自らひきこもっているのだ、という自己申告制の名称だそうです。

「ひきこもり」という言葉が社会の側から貼られたレッテルのようなものであるなら、「ひきこもりーノ」は自分はこういう生き方をしているんだ。という当事者目線での言葉、といった感じでしょうか。

また、支援してくれている一人からは3つの意味に取れて微妙で面白いネーミングと言われています。
「がんばっていくぞ、せーノ」の弾みをつける明るく肯定的な「ーノ」
「ひきこもりと見られたくない」という意味の「ノー」
「昔はひきこもっていたが今はひきこもりではない」という現在を強調する意味での「ノー」と、それぞれが思うような意味でいいんじゃないかと。
受け取り方や感受性の違いはあってもひとつの「ひきこもり」という言葉に縛られるより、「ひきこもり」についての思いの違いを越えて距離を縮めやすそうだ、と感じていると書かれています。

このような感じで意見や思想が一致していないけれどそこは別にいいや、といったゆるーい感じでやっています。


表紙の画像について
ご意見ありがとうございます。なにぶんブログの操作にあまり詳しくないもので、リーフレットの欄に載せられるかわかりませんが、まずは右の欄にこの記事へのリンクを載せてみようと思います。

早速ご丁寧な返事をありがとうございます。引きこもりーノの説明、了解しました。友達にもこのホームページを紹介してみます。

久々に引きこもりーノのミーティングが8月23日6時半から福祉会館でありました。久しぶりにできたミーティングでした。近況報告と本の手渡し状況について話し合いました。300冊印刷しておよそ手元に後75冊が残っています。つまり225冊は関心のあるかたがたにお届けできたことになります。この本は助成金のおかげでできた本ですので、売り本ではありません。それでも、カンパが23日現在で7万円ほどになりました。中にはお一人で1万円下さったかたもあります。300円や500円の方もいますが有り難いことです。反応もいろいろとあります。全体としては好意的な反応です。中には講演や原稿依頼もありましす。大阪市内の講演は私とSさんで行ってきました。出版社からの8000字程度の原稿依頼はOさんが引き受け、現在執筆中です。楽しみです。また、9月10月もミーティングの日程を決定、リーダーの方から紹介が有ると思います。
参加したいとの声も数人のかたから聞いております。発展するといいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 明日(8/8)から10日間、ここは閉館です。次回にお会いする時は、少しは気温が下がっているでしょうか。 | トップページ | 今日少しだけ暑さも増しですね。第13回ボランティアフェスティバルの出し物がきまりました。 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

登美丘みんなの子育てひろば

しんかなみんなの子育てひろば